57.ジャケット工法技術マニュアル(改訂版)

ジャケット工法技術マニュアルは、2000年1月に発刊されて以降、国内のジャケット式構造物の設計の手引きとして広く利用されてきました。
一方で、引用、参照する規格や基準等が改訂され、関連規格の新設などもあり、それらとの整合を図るべく内容の見直しが求められていました。
このような背景から、関連規格等との整合を図るとともに、これまでの実績やその後の研究による多くの知見をもとに検討を加え、ジャケット工法技術マニュアル(改訂版)を刊行することといたしました。
本マニュアルでは、ジャケット構造の一般的な設計に関する記述だけでなく、耐震強化施設としての設計照査手法、あるいは製作・施工にかかわる注意点・留意点に関しても詳述しております。また、具体的な内容の補足あるいは事例を資料編に納め、設計実務者に理解しやすいマニュアルとなっており、ジャケット工法の適用にあたって、本マニュアルが有効に活用されるものと考えます.

  令和 3 年10月発刊 A4 / 292ページ  8,800円 (税込)
(本体8,000円+消費税800円)
冊数: